• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは医療者関係者の方のページです
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 先端画像医学センター
消化器内科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備
消化器外科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備
肝臓内科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備

  • 医師の紹介
  • 研究と実績
  • 採用情報
  • 地域医療連携室
  • 採用情報
  • 動画・スライドによる医療紹介

消化器内科:診療方針



肝臓内科主任部長
近藤 泰輝

 肝臓内科では、登録医の先生方や全国の病院から紹介頂いた患者さんを正確に診断し、最新の治療法と高い技術を駆使してより良い治療を行うことを目指しております。患者さんのフォローアップについては登録医の先生方と連携しながら行っていきたいと考えております。

 目まぐるしい進歩を遂げているB型、C型肝炎の最新治療を行うとともに、現在、増加傾向にある脂肪性肝障害の治療にも力を入れております。難治性肝疾患と言われる自己免疫性肝炎(AIH), 原発性胆汁性肝硬変(PBC)の診断、治療や原因不明の肝障害についても診断、治療を行います。 肝がんの外科治療に加え、肝がんの内科的治療も日々進歩しており、手術が出来ない様な症例に対し、最新の機器を用いたラジオ波焼灼療法(RFA)や経皮的肝動脈化学塞栓療法(TACE)も積極的に行っております。消化器外科や放射線科との連携により患者さんの状態に応じて適切な治療方法を選択出来ます。

 当院では肝炎から肝硬変、肝がんという疾患進展の流れの中で、いずれのポイントにおいても切れ目なく最新治療が可能です。

@インターフェロンを用いないC型肝炎治療

 近年、飲み薬のみでC型肝炎ウイルスの排除が可能となりました。これまでの治験、臨床、基礎研究の経験を生かし、患者さんに適した治療方法を選択して、治療を行います。

 比較的容易にウイルスを排除することが可能となりましたが、ウイルスが消えたあとも、肝がんの発生が高率におこることが知られておりウイルス消失後の適切なフォローアップを連携病院とともに行って参ります。

ウイルス排除後(SVR後)のフォローアップの必要性

A肝硬変への進行、肝臓がんを予防するためのB型肝炎治療

  B型肝炎は状態により、適切な治療を受けることが重要です。最近は耐性ウイルスが出現しにくい核酸アナログ製剤(テノホビル、エンテカビル)も使用可能です。また、ペグインターフェロンを用いることにより自分の免疫力でウイルスを抑え込む治療も選択可能です。


B脂肪性肝障害の治療

 脂肪肝と診断された患者さんの10-20%は非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)であると言われており、肝硬変、肝がんへ進展することが知られております。実際、脂肪性肝障害によると考えらえる肝がん患者は増加してきています。

 当院では、我々が独自に考えた栄養割合の食事療法を導入することにより、肝機能正常化を目指すことが可能できます。管理栄養士との連携により、無理なく体重の減量が可能です。栄養療法が奏功しない場合は、薬物療法の導入も行って参ります。


C肝がんの治療

 肝腫瘍の治療法には、@手術、Aラジオ波焼灼(RFA)、Bアルコール凝固、C経カテーテル治療(TACE)、D放射線療法、E化学療法(ネクサバールなど)など、種々の治療法がありますが、大事なことは、適切なタイミングで、適切な治療を、それぞれの治療法に精通した医師が行うことです。

 肝臓内科では、豊富な経験をもとに主にA、C、Eを行います。

肝臓がんのラジオ波治療 身体への負担が少ないがんの治療法肝臓がんのラジオ波治療 身体への負担が少ないがんの治療法

Dその他の難治性肝疾患

ウイルスやアルコールなど原因がはっきりしない肝炎は診断に苦慮することが多々あります。その場合は、肝生検が必要になります。また、その生検の結果を正確に読む病理医の存在も欠かせません。

 当院においては病理診断科と連携して自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、薬物性肝障害の診断、加療を行って参ります。

 

 


治療実績と症例数 先進医療への取り組み 医療設備
サイトポリシー

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.