• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは医療者関係者の方のページです
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 先端画像医学センター
呼吸器内科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備
呼吸器外科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備

  • 医師の紹介
  • 研究と実績
  • 採用情報
  • 地域医療連携室
  • 採用情報
  • 動画・スライドによる医療紹介

トップページ > 医療関係者の方 > 呼吸器センター > 呼吸器外科:医療設備

一つ前のページへ

呼吸器内科:医療設備


VATS(完全胸腔鏡下手術)

photo

 従来の手術では、肋骨と肋骨の間を開胸していたため、痛みが強く、また手術の後しばらくの間は胸の動きが悪くなり、回復に時間がかかりましたが、胸腔鏡手術では、細いカメラで胸の中をのぞきながら手術機器を遠隔操作することで、胸を大きく開くことなく小さな創のみで手術することが可能となりました。


 CCDカメラ(胸腔鏡)を使って手術をビデオモニタ画面に映し出すことから、英語ではVideo Assisted Thoracic Surgery と表記され、頭文字を取って、VATS(バッツ)と呼ばれています。当院のVATSはハイビジョンモニター2台に投影しており、細やかな映像で、細心の手術を施すことが可能となっております。


photo
胸腔鏡で遠隔操作している様子
photo
ハイビジョンCCDカメラ搭載


 左右のモニターを確認しながら手術を行う。正面のモニターは患者さんのご家族に中継で手術の様子を送出する為のモニター。


診療方針 治療実績と症例数 先進医療への取り組み
サイトポリシー

copyright(c) 2004-2008, sendaikouseihospital. all rights reserved.,