• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは医療者関係者の方のページです
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 先端画像医学センター
  • 医師の紹介
  • 研究と実績
  • 採用情報
  • 地域医療連携室
  • 採用情報
  • 動画・スライドによる医療紹介

現在位置:トップページ > 医療関係者の方 > 麻酔科

一つ前のページへ

麻酔科


6名の常勤医師が互いに学び合いつつ、救急患者に備えて24時間体制で待機


photo
麻酔科主任部長
内田 寛昭

 当科は2004年9月に開設され、次の3つを基本理念に掲げて参りました。

  • 患者の安全保護に努める
  • 術後QOLの維持を考慮する
  • 手術の円滑化に貢献する

 手術を行うのは主治医である外科医ですが、麻酔科医も患者さんを手術侵襲から守るという重要な役割を担っている、というのが当科のポリシーです。治療とはいえ手術は患者さんの体を傷つけることに他なりませんから、影響が可能な限り小さくなるよう努めなければならないと考えています。


 当院における麻酔科管理手術の件数は、年間1,800件を超えております。しかし、当科には常勤の麻酔科医が複数在籍しており、充実した体制を組むことができています。患者さん一人一人を大切にした、より良い麻酔のあり方を追求し、決して流れ作業的に施すことのないよう自らを戒めています。


photo

 当科の主任部長 内田寛昭は、麻酔科医としてこの道一筋に歩んで参りました。出身大学である岡山大学およびその関連病院では、豊富な麻酔症例の他、集中治療室で多くの重症患者の治療に当たり、またペインクリニックでの疼痛治療を数多く経験する中で「患者さんの全身を診る」ことにやりがいを見出し、麻酔科の専門医を志しました。


 近年は麻酔科医の全国的不足、特に東北地方での脱落傾向が顕著であり、いろいろな原因が指摘されています。しかし麻酔科医一人一人が自分の仕事に誇りを持ち、アグレッシブに病院の中央診療科的役割をこなすことができれば、状況は必ず好転するものと信じております。具体的には中央手術室の管理・運営、緩和医療や術後管理(呼吸、術後疼痛管理)への積極的関与を目標に、麻酔科医のさらなる増員と質の向上を図っていきたいと思います。


 昨今の手術件数の増加、患者さんの高齢化、ハイリスクな患者さんの増加などにより、麻酔の専門性はいやがうえにも高まっています。患者さんの周術期が、より満足のいくものになるよう、今後も研鑽努力を重ねて参ります。


photo
photo
photo

サイトポリシー

copyright(c) Since2004 sendaikouseihospital. all rights reserved.