トップページ後期研修について>消化器内科

contents

後期研修 消化器内科

消化器センター 消化器内科医師・後期研修医募集


・54床のベッド数を17人の消化器内科医が担当し、各種悪性疾患の診断・治療を中心に、急性疾患から慢性良性疾患まで幅広く診療しております。

・臨床研究を積極的に行い、消化器関連学会での発表、および論文発表を積極的に行っております。

・日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本大腸肛門病学会、日本がん治療認定医機構などの指導施設で認定医、専門医、指導医の資格を取得できます。


@一流の消化器病専門医を目指す医師・後期研修医を求む!

豊富な症例、高度医療設備のもと、各種画像診断能が身につきます。
 豊富な症例、一流の指導医のもと、基本となる上下部内視鏡検査はもとより、超音波内視鏡、NBI拡大内視鏡、ダブルバルーン・カプセル小腸内視鏡などの特殊内視鏡検査やX線による画像診断が身につきます。

ESDなど高度の内視鏡治療法のノウハウを術者として学べます。
 全国でも有数の実績を誇る早期胃癌をはじめ、食道癌や大腸癌の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、粘膜切除術(EMR)やポリペクトミー等各種内視鏡治療、胆膵領域のインターベンション治療などのノウハウが術者として学べます。

消化器救急疾患の治療法が確実に身につきます。
 24時間救急応需体制をとっており、上級医の指導のもと、内視鏡的止血術や胆道疾患のドレナージをはじめとする消化器救急疾患の治療法をマスターできます。

胆・膵の検査・治療数も豊富です。
 2015年のERCP系検査・治療数は約500件、胆膵領域の超音波内視鏡検査は約700件にのぼり、超音波内視鏡ガイド下穿刺術やドレナージ術も積極的に行なっております。

外科手術数も豊富です。
 肝癌、膵癌、胆道癌に対する外科手術数も豊富であり、内科と外科が連携し、最適な治療を選択しています。

 しっかりとした診断能力および治療技術を身につけたい後期研修医はもとより、既に消化器領域を専門としながら、さらにワンランク上を目指したい先生方を歓迎します。我々とともに一流の診断・治療を追求してみませんか?


A胆膵領域を専門とされる先生方を熱望します!

募集人数 @、Aそれぞれ若干名
随時見学可、途中採用可です。
選考基準 @消化管領域を専門とされる40歳くらいまでの医師
 消化器内視鏡診断・治療が大好きな後期研修医

A胆膵領域を専門とされる40歳くらいまでの医師
 胆膵領域を志望の後期研修医
身分・待遇 一般財団法人厚生会規程による(詳細は相談)
連絡先 消化器内視鏡センター長 松田 知己
TEL:022-222-6182/FAX:022-267-0856
E-mail:info@sendai-kousei-hospital.jp


診療科概要 指導スタッフ 研修の目的
研修プログラム 週間スケジュール 施設認定
施設・機器 先輩医師からの言葉

診療科概要


診療管理者

消化器内科部長
長南 明道



消化器内科主任部長
中堀 昌人



消化器内視鏡センター長

消化器内科部長
松田 知己



消化器内科部長
平澤 大


 当院の消化器内科は、診断、治療ともに非常に高い技術を有しています。特に内視鏡を用いた検査・治療では、日本のトップレベルにあります。また急性期病院として、どんな患者さんが来ても診られる体制をとっており、救急に対するノウハウを実地で学ぶことができます。

 胃癌については、今や早期癌の7〜8割は、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)により開腹せずに治療が可能です。難しい手技でトレーニングが必要ですが、患者さんの負担を減らすことができるという大きなメリットがあります。

 また小腸は長いため内視鏡検査が難しかったのですが、当院ではカプセル内視鏡による小腸検査やダブルバルーン式小腸内視鏡を用いて数多くの検査・治療を行っております。これは県内はもとより全国でも限られた施設にしかありません。

 胆・膵の内視鏡・インターベンション治療も精力的に行っております。


 優秀な消化器外科医および病理医が揃っていることも当院の魅力です。症例によっては病理検索の結果、外科的な治療が必要になるケースもあります。内科と外科は、車の両輪のようなものです。トップレベルの外科医が揃っていることで、私たちは安心して内視鏡治療に専念できるのです。

 また、病理診断は治療後の予後を決定する重要な要素の一つです。市中病院に常勤の病理医がいること自体希少価値なのですが、当院には複数の優秀な病理医が在籍しております。消化器内科、消化器外科、病理診断・臨床検査科ともにトップレベルの医師が揃っている当院は、地域の患者さんにとって本当に心強い存在だと言うことができるでしょう。

 当院は内科教育病院であり、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会をはじめとする数多くの学会指導施設にて、専門医の資格を取得できます。また、臨床研究にも力を入れています。学会発表、論文発表を積極的に行うことで、他施設との交流の機会が多く、学会で培った人脈を通じて、一流施設との医療交流を積極的に行い、新しい技術習得に努めてます。又、後期研修後期には医療従事者として他職種と協調して診療し、将来リーダーシップを発揮できるような総合的な研修を行うことを目指しています。


 本センターは平成15年に立ち上げ、現在は、東北はもとより全国有数の消化器センターを目指し、邁進しています。若い先生の多い職場でもあります。まずはぜひ、当院へ見学にいらしてみてください。

 ・消化器内科「指導スタッフ」
 ・消化器内科「治療実績と症例数」


研修の目的

 当消化器内視鏡センターは2003年11月に開設され、救急の患者さんや紹介患者さんを速やかに診察し内視鏡を中心とした検査を施行、治療するシステムとなっている。消化器一般病棟54床を有し、地域医療支援病院として、より安全で質の高い消化器疾患の診療を提供できるように努めている。

 センター及び消化器内科における後期臨床研修は、消化管・胆・膵など消化器疾患全般における診断と治療を行うことができるように、総合的な知識と判断力、検査技術と治療を収得することを目的としている。

研修プログラムの内容

 消化器内視鏡センターには、最新鋭の狭帯域光観察(NBI)システムおよびハイビジョン画像ビデオスコープシステムを備えた5つの内視鏡検査室と1台のX線テレビ室(DR)があり、最新の画像ファイリングシステムを導入し、ダブルバルーン小腸内視鏡、カプセル内視鏡、超音波内視鏡下穿刺システムを始め、40台以上の最新式電子スコープ、経鼻内視鏡、超音波プローブ、3台のアルゴンプラズマコアギュレータ(APC)装置、VIOシステム、ラジオ波熱凝固装置、顕微鏡システム等、最先端の機器を取り揃え、より質の高い診断・治療の提供ができるように設備を整えており、年間内視鏡件数は2万件を超え豊富な症例を有している。

 消化器領域での診察法・検査の選択・治療法など、遭遇する頻度の高い消化器系疾患を中心に、具体的な症例を担当し研修する。消化器内視鏡センター・消化器内科スタッフの一員として消化器疾患の救急診療をはじめ、様々な内視鏡検査および治療、超音波検査、X線検査・インターベンション治療等を指導医のもとで研修する。

 また、毎週1回行われる上部内視鏡画像読影会・大腸内視鏡画像読影会、消化器外科との合同カンファランス、各種研究会等に参加し、より幅の広い消化器疾患に対する知識と画像診断能力、消化器内視鏡治療・外科適応の判断を収得する。

 年間1200〜1500例を越える豊富な内視鏡症例を経験することが可能であり、また一方では様々な消化器疾患を希望により、2016年から新設された肝臓内科をローテーションすることも可能である。

週間スケジュール(例)

  午前 午後
朝:上部内視鏡
外来診療
超音波内視鏡
腹部超音波
下部内視鏡
内視鏡治療
病棟回診
夕:内科病理合同症例検討会
(1、3週 上部消化管)
外来診療
上部内視鏡
超音波内視鏡
内視鏡治療
腹部超音波
内視鏡治療
血管造影検査
インターベンション治療
病棟回診
朝:上部内視鏡画像読影会
外来診療
上部内視鏡
下部内視鏡
超音波内視鏡
腹部超音波
下部内視鏡
小腸内視鏡
内視鏡治療
病棟回診
夕:外科内科病理合同症例検討会
(肝胆膵 2、4週)
朝:外科内科合同術前検討会
外来診療
上部内視鏡
超音波内視鏡
ERCP
腹部超音波
下部内視鏡
内視鏡治療
ERCP
病棟回診
外来診療
上部内視鏡
小腸内視鏡
超音波内視鏡
腹部超音波
消化管造影
小腸内視鏡
血管造影検査
インターベンション治療
病棟回診

施設認定

  • 日本内科学会認定医制度教育病院
  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本消化器がん検診学会認定指導施設
  • 日本カプセル内視鏡学会指導施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設

医療設備

 消化器内視鏡センターには、最新鋭ハイビジョン画像ビデオスコープシステムを備えた5つの内視鏡検査室と、1台のX線透視室(デジタルX線透視撮影装置:DR)があり、最新の画像ファイリングシステムを導入しています。スコープは上下部拡大内視鏡、ダブルバルーン小腸内視鏡、胆膵内視鏡、超音波内視鏡下穿刺システム、経鼻内視鏡など40台以上の最新式電子スコープを有し、小腸と大腸のカプセル内視鏡も導入しております。

 その他、超音波プローブ、3台のアルゴンプラズマコアギュレータ(APC)装置、VIOシステム、NBIシステム、顕微鏡システム等、最先端の機器を取り揃えより質の高い診断・治療の提供ができるように設備を整えており、年間内視鏡件数は2万件を超え豊富な症例を有しております。

photo

photo
上部拡大内視鏡スコープ
GIF-H290Z

photo
GIF-H290Zによる拡大内視鏡像
photo
大腸拡大内視鏡スコープ
CF-HQ290ZI

photo
シングルバルーン小腸スコープ
SIF-H260S

photo
ダブルバルーン小腸スコープ
EN-580T

 40台を超える最新式電子スコープを有し、7台の自動洗浄器でガイドラインに沿った高水準消毒を行い、清潔で安全な内視鏡検査を施行しております。
 当センターでは、上・下部内視鏡検査の精査はもとよりルーチン検査も拡大内視鏡を用いて行っております。

クリックにて拡大

photo

 最新版ファイリングシステムを導入し、全内視鏡画像が記録・保存され、一括管理されています。検査後すぐに患者さんに鮮明な画像をお見せして説明することができます。

photo

 前処置および観察室10台のストレッチャーが並び、内視鏡の前処置および検査後の観察を行ないます。

photo

 内視鏡検査室最新の内視鏡を装備、ストレッチャーがそのまま検査台となります。安定剤を使用した後もスムーズに移動できます。

 ・消化器内科「医療設備」
 ・消化器内科「先進医療への取り組み」



Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.